【屋久島】

  • 2019/2/8
  • 【屋久島】 はコメントを受け付けていません。

■2周目■
2019年2月4日(月)~2月8日(金)
2/4(月)【千尋の滝観光インフォメーションセンター】
主要観光スポットである千尋の滝の駐車場敷地内に、今年3月観光インフォメーションセンターが新設される。観光インフォメーションセンターには、50型の大型液晶4Kテレビが設置され、千尋の滝のある原(はら)地区が有する風景美や文化をはじめ、屋久島の総合的な魅力が伝わる映像が放映。

2/5(火)【屋久島灯台】
島の最西端・永田岬に立つ白い屋久島灯台は、明治30年(1897年)に建設され、現在もなお、屋久島と口永良部島間を航海する船の安全を見守っている。灯台からは東シナ海を一望できるパノラマな風景が広がり、視界のいい日には、県本土やトカラ列島を眺望することができる。島内随一の夕日観賞スポット。

2/6(水)【特産品(たんかん)】
ネーブルオレンジとぽんかんの自然交雑で誕生したとされるたんかんは、県内を中心に南国のみかんとして有名。特に「かごしまブランド産地」として指定されている屋久島たんかんは、甘味と酸味のバランスに優れている。旬は、2月から3月上旬。

2/7(木)【安房川でのリバーカヤック】
降雨量の多い屋久島では、水資源が非常に豊かで、流れる川は大小含めて約140本と言われている。その中でも、安房川は、島内で最も川幅の広い川のひとつ。透明度も非常に高いことから、島におけるリバーレクリエーションの拠点となっている。沢登やSUPの人気が高いが、中でも、初めての方でも簡単に体験できるカヤックがおススメ。

2/8(金)【横河渓谷】
永田集落から少し離れた永田川上流に位置し、永田の住民にとっては人里と山とを分ける境の地とされてきた。大きな花崗岩が折り重なった横河渓谷では、自然に形成されたエメラルドグリーン色の大きなプールがあるため、夏場には水遊びをする方もいるが、降雨があると非常に増水しやすい川なので、水遊びに限らず、渓谷を観賞される方も、多量の降雨後は、近づかないように注意が必要。

■1周目■
2018年5月21日(月)~5月25日(金)
5/21(月)【世界自然遺産】
縄文杉は、推定樹齢 2170年~7200年と、確認されている中で最大の屋久杉。

5/22(火)【ヤクシマシャクナゲ&サツキ】
ヤクシマシャクナゲは、屋久島固有の花で、それも標高約1100m以上の地点でのみ観られる花。開花当初は、赤紫色に発色し、後に淡いピンク色に変化する。サツキは、主に川岸の岩場に生育し、6月になると鮮やかな赤色の花を咲かせる。観賞スポットとして白谷雲水峡がよく知られている。

5/23(水)【白谷雲水峡+ヤクスギランド】
白谷雲水峡は、標高600~1,050mにあり屋久杉などの原生林を鑑賞できる自然休養林。散策コースも設定され、渓流や原生林、樹齢約3000年の弥生杉をはじめ、多くの屋久杉を見ることが出来る。ヤクスギランドは、標高1,000m付近に広がる自然休養林。屋久杉の巨木も多く、原生林をそのままに感じることができる。4つの散策コースも設定されている。

5/24(木)【大川の滝+西部林道】
大川の滝は、「日本の滝100選」にも選ばれている屋久島を代表する滝。西部林道(林道)は、車で走ることが出来る唯一の世界自然遺産地域。日本最大の照葉樹林の垂直分布が一望できる。

5/25(金)【首折れサバ】
鮮度を保つため、漁獲後すぐ首を折って血抜きをしたサバ。プリプリの刺身やサバスキとして食べられる。

【屋久島町】http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 wonder / Rude-α 】

    1997年2月8日生まれ。22歳。沖縄県沖縄市出身。 2016年4月からは東京に拠点を移動。 …
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Pool / SIRUP 】

    変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激するグルーヴィーなサウンドで話題沸騰中のSIRUPの最新曲「P…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 ユー・ハド・ア・ソウル・ウィズ・ユー / ザ・ナショナル 】

    2018年のグラミー賞にて最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞を見事受賞し、今まさにキャリ…
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
ページ上部へ戻る