【種子島】

  • 2019/8/16
  • 【種子島】 はコメントを受け付けていません。

■2周目■
2019年8月12日(月)~8月16日(金)

8/12(月)【星空観察日本一に輝いた場所】
中種子町坂井にある、平成10年に星空日本一に輝いた観察場所。見渡す限り一面に畑が広がった場所で、高い建物も何もありません。日中に訪れると、本当にここから美しい星空が見えるのだろうか…と不安になるのですが、日が沈んだ後に訪れると一面に星空が広がります。地元の方しか知らない穴場スポットです★
【象の水飲み岩】
南種子町(種子島宇宙センター近く)にある、波の浸食でできた洞窟。岩の形が、像が水を飲んでいるようにも見えることから「象の水飲み岩」といわれています。種子島宇宙センターのすぐ近くの浜辺にあり、迫力満点で、種子島のインスタ映えスポット。種子島には、波の浸食によってできた奇岩が多くあります。(千座の岩屋もその一つです!)

8/13(火)【ジロ・デ・種子島2019】
昨年第一回目が開催され、今年で第二回目になるサイクルイベント。コースは島1周の部(150km)、島半周の部(78km)があり、美しい青い海やサトウキビ畑、日本最大のロケット発射場である種子島宇宙センターなど異様な風景を堪能できます。今年は10月27日(日)に開催が決定しており、前日26日(土)には旧種子島空港の滑走路でタイムトライアル、夜には島の特産品が味わえる前夜祭も開催されます。種子島が初めての方でも、リピーターの方でも楽しめるイベントです♪

8/14(水)【赤米・種子島の海の幸(ナガラメ・カメノテ)・インギー鶏】
【赤米】
南種子町茎永で作られているお米。現在赤米の風習を今日に伝えている所は岡山県総社市・長崎県対馬の豆酘、そして南種子町茎永の3か所のみ。プチプチとした食感。おにぎり等にしても美味しいが、最近では赤米甘酒アイスというアイスも開発され、熊毛地区特産品コンクールで最優秀賞を受賞。
【ナガラメ(種子島の海の幸)】
学名はトコブシ。種子島ではナガラメという。アワビに似た少し小さめの1枚貝でコリコリとした食感。お刺身やみそ焼きにして食べると美味しい。
【カメノテ(種子島の海の幸)】
甲殻類の一種で、見た目が亀の手に似ていることからその名が付けられた。お酒のおつまみとして食べたり、味噌汁の出汁に使われたりすることもある。
【インギー鶏】
1894年(明治27年)イギリスの貨物船「ドラメルタン号」が暴風雨の被害に遭い、南種子町前之浜海岸の一角に漂着。集落民は船員を保護し、その御礼に11羽の鶏をプレゼントされた。この鶏が後のインギー鶏。当時イギリス人の事をインギーさんと呼んでいた為この名が付けられた。歯ごたえのある食感で鳥刺しや焼き鳥は最高です。種子島でしか食べられない幻の鶏です!!

8/15(木)【一市二町の海水浴場】
【浦田海水浴場(西之表市)】環境庁が選ぶ日本の海水浴場88選の一つ。入り江の奥にできた砂丘の白い砂浜がまぶしいほど美しく、海水の透明度も抜群。海水浴はもちろん、フィッシングやスキューバダイビングなどもでき、さまざまな楽しみ方のできるキャンプ場。
【能野(よきの)海水浴場(西之表市)】国道58号線に沿って植えられたビロウ並木が、いかにも南国といった雰囲気を出している美しい海水浴場。ゆったりと日光浴や海水浴を楽しむファミリーにピッタリの浜で、サーフィン、磯釣り、浜釣りが楽しめる絶好のポイントとしても知られており、夕日がきれいに見える場所。
【熊野海水浴場(中種子町)】熊野海岸に隣接するキャンプ場。近くにはメヒルギの自生地があり、南国ならではの自然を感じることができます。沖合に浮かぶ小島、エメラルドグリーンと白いビーチが大変美しい海水浴場。
【浜田海水浴場(南種子町)】浜田海岸は白砂の美しい遠浅の海水浴場として知られ、期間中は多くの海水浴客で賑わいを見せます。近くには奇岩で彩られた千座の岩屋という名所もあり、シーズン中はたくさんの観光客が訪れます。

8/16(金)【第50回種子島鉄砲まつり】
鉄砲伝来を記念して開催される種子島最大の祭り。市中を練り歩く太鼓山や子供みこし、鉄砲伝来に縁ある人物に扮した南蛮パレード、大漁旗をかかげ西之表港内を漁船がパレードする港まつり。第50回を記念した島内外10団体による火縄銃大会。演芸大会では子どもから大人まで演芸を披露し、周辺には夏の風物詩「夜店」が立ち並ぶ。祭の締めくくりは夜空を彩る打ち上げ花火。頭上に上がる迫力ある花火、海中花火は圧巻です。今年は8/25(日)開催予定!

■1周目■
2018年4月9日(月)~4月13日(金)

4/9(月)【海開き&イベント情報】
毎年GWには海開きが行われる種子島!これからの季節はシーカヤックやシュノーケリング等、マリンスポーツも楽しめる♪毎年8月に開催「種子島鉄砲まつり」や9月9日に初開催するイベント「サイクルツーリズム」など色んなイベントも!!豊かな自然、暖かい島民、美味しい食材など一度行ったらきっと種子島の虜になること間違いなし☆☆☆

4/10(火)【種子島宇宙センター】
日本最大!世界一美しいロケット発射場といわれている種子島宇宙センター。「大型ロケット発射場」、「衛星組立棟」、「衛星フェアリング組立棟」などの設備もあり、日本の宇宙開発に人工衛星打ち上げの中心的な役割を果たす施設!

4/11(水)【千座の岩屋 (ちくらのいわや)】
種子島唯一の自然の匠、海蝕洞窟で千人は座れるという所で有名!また、昔からの種子島の湯治場のある恵美の湯から広田海岸、大崎吉信を望めば、珊瑚礁に砕ける白波の雄大さと果てしなく広い青い海岸のタイアップは、人生のロマンを感じさせてくれそう~♪

4/12(木)【種子島マングローブパーク】
種子島のマングローブはメヒルギの1種のみで、樹高が1mにも満たない矮性低木群落。このようなメヒルギは南西諸島のどの地域にも見られない大変貴重なもの。南種子町の大浦川と西之表市の湊川のマングローブは「種子島のマングローブ林」として環境省「日本重要湿地500」にも選ばれている。

4/13(金)【インギー鶏】
百余年前、英国帆船ドラメルタン号が種子島の前之浜海岸で座礁。救助された英国人乗船員らは、厚くもてなしてくれた島民へのお礼にコーウェル船長から船内に飼っていたニワトリ11羽が贈られた。今も南種子で飼われている「インギー鶏」の先祖たちです。

【種子島観光協会】http://tanekan.jp/

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 言葉がなかったら / MONO NO AWARE 】

    東京都八丈島出身の玉置周啓と加藤成順、そして大学で知り合った竹田綾子と柳澤豊によるバンド「MONO …
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Ark / 北園涼 】

    “想いを胸に飛び立つ準備” 鹿児島県出身。 俳優として人気を博す北園涼がついにメジャーデビュ…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 Part Ⅱ / Vivien Yap 】

    ソウルネスとポップセンスを併せ持つ、南国の風のような、穏やかで心地よいサウンドで、聞くものを魅了する…
FINEVISUAL&DEAREST
鹿児島deきばっど
防災ハンドブック 2019PDFダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る