日本一に輝いた親子の料理?

「第2回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト全国大会」で、
全国4134組の中から見事全国優勝を果たした、
「玉川律子さん」「美穂ちゃん」親子。


子供とお母さんが、一緒に力を合わせてコンテストに出る。
同じ目標に向かって親子で頑張る。こんなチャンスは滅多にありません。
火加減、水加減、材料を切る大きさ、美穂ちゃんが挑戦して、お母さんに確認する。
調理をしている姿を後ろから見ていると、本当にこの親子は本当に仲がいいんだなぁ
と強く感じました。
台所で一緒に料理をするということは、同じ方向と同じ目的を持って、
力を合わせて取り組むということ。
そこには相手を気遣う、優しさと思いやりがありました。
おばあちゃんとお母さんが、いつも一緒に台所に立って、美味しい料理を作ってくれる。
それをいつも見ていた美穂ちゃんは、いつか2人と一緒に
自分も料理を作ってみたいと思うようになります。
でもお母さんは、美穂ちゃんが台所に入るのは、もう少し大きくなってからでいい。
その時が来たら色々手伝ってもらうからねといっていたそうです。
全国優勝を果たした玉川さん親子。
実は一緒に台所に立つようになって、まだ1年くらいなんだそうです。
お母さんのリードが素晴らしいのはもちろん、美穂ちゃんのやる気には驚かされたといいます。
包丁で怪我をしないか、コンロで火傷をしないか・・・
子供の安全を考えると、なかなか台所に入れたくなかったお母さん。
でも美穂ちゃんは、集中してお母さんのいうことを聞いて、
少しずつ丁寧に料理を手伝うようになったそうです。
まだまだ先の話。
美穂ちゃんに、どんな女性に育ってほしいか。
人が生きていくうえで、けして欠かすことのできない「食べる」ということ。
そのために料理を作るのが「楽しい」、
誰かに食べてもらうのが嬉しいと感じるような女性になってほしい。
お母さんが願う、美穂ちゃんの未来の姿は、
まさに今の美穂ちゃんがそのまま素直に大きくなったような、純粋で優しい女性でした。
一方で美穂ちゃんの夢は、もっと色々料理を作れるようになって、
お父さんやお母さんに美味しい料理を作ってあげること。
そして、料理を食べて喜んでもらうこと。
美穂ちゃんの夢には、必ず「誰かの笑顔」がありました。
優しく指導するお母さんの姿と、楽しみながらも、真剣に料理に取り組む美穂ちゃんの姿。
失われつつある、母と娘の台所風景。
見栄を張って、お金をかけた料理じゃなくていい。
冷蔵庫にあるもので、ちょっとした料理を親子で作ってみる。
毎日は無理でも、週末の昼ごはんは親子で作る。
毎週は無理でも、毎月決まった日には、一緒に台所に立つ。
いつしか、娘がお母さんに新しい料理を教える日が来る。
そんな親子の台所の風景、いつまでも続けてほしいと思いました。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 美しい人 / 村上佳佑 】

    伝説のアカペラグループ「A-Z(アズ)」で活躍後、ソロに転身。 その後、“NIVEAブランド”…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 空 feat.SALU / 向井太一 】

    25歳のシンガーソングライター『向井太一』 自己プロデュース力に長け、純横無尽に音楽やトレンド…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 So Much More than This / Grace VanderWaal 】

    13歳のシンガー・ソングライター“グレース・ヴァンダーウォール”。 悩み、葛藤、夢、全てを包括…
ページ上部へ戻る