日高水産加工・海の食育・第3回「親子で地引網と手作りさつま揚げ体験会」1

8月8日日曜日、東市来町「江口浜」で、
日高水産加工・海の食育・第3回「親子で地引網とさつま揚げ手作り体験会」が行われました。
募集人数は150名くらいの予定だったんですが、前回を上回る230名以上の親子が参加してくれました。


潮の干満を見極めて、この日は午前10:45分から およそ230名が二手に分かれて網の両端を引き始めました。
思わず綱引きのように勢いよく引いてしまいがちなんですが、早くひくと、網の下のほうが浮いて、
「キス」などの小さな魚たちがそこから逃げ出してしまうんです。
だから、ゆっくりゆっくり、両端をそろえながらひいていくのが難しいんです。
陽射しが強く、厳しい暑さの中、1時間以上かけてみんなで網を引き、取れた魚を子供たちが包丁を使ってさばいていきます。
地引網ではしゃいでいた子供たちも、自分で包丁をにぎって魚をさばき始めると表情が一変します。
日高水産加工の職人さんたちが、目の前でスイスイさばいていくのを見ながら、
自分でもおそるおそるやってみる。
ふざけている子は一人もいません。みんな真剣そのものでした。
東京にいる小学校4年生のお孫さんが、夏休みで鹿児島のおばあちゃんたちの家に帰ってきました。
おじいちゃんとおばあちゃんは、お孫さんに何か思い出に残る体験をさせてあげたいと、
この「地引網と手作りさつま揚げ体験会」に申し込んだそうです。
子供たちが自分で魚を獲って、自分で魚をさばいて、自分でさつまあげを作って食べるこの取り組み。
東京ではできない体験ですよね。
いつも番組の取材でお世話になっている「霧島食育研究会」の皆さんも、
朝早く、遠い霧島を出て、海の食育体験に参加してくれました。
参加した霧島の子供たちは、有機米の田んぼでお米作りをしたり、畑で野菜を育てる「山里の食育」体験者たち。
この「海の食育」への参加は大きな刺激になっているようです。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 ノイズ / 須澤紀信 】

    長野県出身のシンガーソングライター 須澤紀信26才。 人柄を映すような、優しく力強い歌声を武器…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 フカンショウ / パノラマパナマタウン 】

    PANORAMA×ADDICTION = パノラマ中毒という意味をこめたミニアルバムで鮮烈なデビュー…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 ハバナ feat. ヤング・サグ / Camila Cabello 】

    キューバ(ハバナ)生まれ、メキシコ~マイアミ育ちのアメリカ人シンガーカミラ・カベロ。 フィフス…
ページ上部へ戻る