霧島食育研究会主催「畑んがっこ田んぼ組]収穫の時!

今から4ヶ月前の6月29日、霧島市田口の田んぼで、
霧島食育研究会主催「畑んがっこ田んぼ組」の有機米田植え教室が開かれました。
そして子供たちが植えた苗が成長し、10月25日土曜日ついに収穫の時を迎えました。


幼稚園生から高校生まで総勢40名が参加した、初めての稲刈り体験
一度も鎌を持ったことが無い子供たちが、初めて自分の手で稲刈りをする
うっかり作った小さな切り傷は、その後の大きな怪我を防いでくれます。
ふざけていては怪我をする。真剣にやらないといけない。子供たちは一つずつ学んでいきます
次は手作業による「脱穀」作業。今収穫したお米はしばらく天日に干すので、
すでに天日干しが終わった稲を使っての脱穀体験。
使うのは電動式ではない、足踏み式脱穀機。今から37年前のもの
たくさんの汗をかき、泥まみれになりながら田植えをし、
夏には水路や水田に分け入って、丁寧に雑草を取り、
秋には、鎌を持って一株一株刈り取り、稲藁にまみれて収穫し、天日に干す。
手作業で脱穀し「籾」を選別。
苗が茶碗一杯の「ご飯」になって、自分たちの口に入るまで、
これほどの手間と時間をかけて作っていたこと。
落ちた稲穂を知らずに踏んでしまった子供に、
「それはお米、大切なもの、絶対に足で踏んではいけない」と叱ってくれるお父さんたち。
言われてすぐに足をどけて「ごめんなさい」と謝る子供たち。
今ここで叱られたから気づくことができた「お米の大切さ」と「感謝の心」。
命を貰って、命を繋いでいということを実感する場は、この田んぼの中にありました。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【「Imperfection」/ THE CHARM PARK 】

    新世代ポップマエストロ、“THE CHARM PARK (ザ チャームパーク)”。 多数のタイアッ…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Please, I love you / kasumi 】

    オンリーワンより、ナンバーワン!一糸乱れぬパフォーマンスで、毎回フロアを熱狂の渦に巻き込む大阪のニュ…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 This is how I feel / DedachiKenta 】

    ロサンゼルス在住、19 歳のシンガーソングライター。 幼少期よりアコースティックギターをはじめ、様…
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
ページ上部へ戻る