10/2 オンエア

メッセージ

#1 NAINAI16/シブがき隊
#2 ウェディングベル/シュガー
#3 待つわ/あみん
#4 色つきの女でいてくれよ/ザ・タイガース
#5 セカンドラブ/中森明菜
#6 ハローグッバイ/柏原よしえ
#7 氷雨/日野美歌
#8 3年目の浮気/ヒロシ&キーボー
#9 夏色のナンシー/早見優
#10 そんなヒロシに騙されて/高田みづえ
#11 初恋/村下孝蔵
#12 CAT’S EYE/杏里


今回は「ルックバック昭和歌謡・昭和57、58年編」と題してお送りしました。いかがでしたか?
いつの時代もその時期を代表する、この曲を聞くとあの時代を思い出すという曲があります。
今回特にこの時期に10代、20代だった皆さんにはぐっとくる曲だったのではないでしょうか?
80年代アイドルブームで次から次とアイドルがデビューしていましたねぇ。
この時期に東京の日劇が閉鎖され、そのラストにグループサウンズによるイベントが行われました。
それを機にザ・タイガーズが期間限定で再結成し、元少女ファンが歓喜しました。
そして今年沢田研二さんのツアーに元タイガーズのメンバーが同行、タイガーズの曲オンリーのステージを披露しています。鹿児島には新年1月8日(日)宝山ホールで開催。チケットが明後日4日から一般発売です。
くわしくは099−226−3465鹿児島音協までどうぞ。
今回のツアーは多くの経緯を経て実現したようです。以前出演いただいたメンバーの森本太郎さんに再びできればいろいろと伺いたいものです。
番組では引き続き、特集や、ジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストもお待ちしております。
さて来週は「ルックバック昭和歌謡・昭和59、60年編」を中心にお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 タラレバ流星群/ロザリーナ 】

    忘れられない声とキュートなルックスを持つ”ロザリーナ”。 その才能に触れた関係者・クリエイターたち…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 BOY/uchuu 】

    幅広いダイナミクスと高揚感を、様々な機材とテクノロジーを駆使し、情景が描かれるようなバンドサウンドと…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【FADED/ALAN WALKER 】

    ノルウェー出身、弱冠20歳の次世代プロデューサー=アラン・ウォーカー。 2015年に発表した「…
ページ上部へ戻る