10/9 オンエア

メッセージ

#1 ワインレッドの心/安全地帯
#2 涙のリクエスト/チェッカーズ
#3 モニカ/吉川晃司
#4 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね/中原めいこ
#5 お久しぶりね/小柳ルミ子
#6 ラヴ・イズ・オーヴァー/欧陽菲菲
#7 Romanticが止まらない/C−C−B
#8 タッチ/岩崎良美
#9 シャイニング・オン君が哀しい/ルック
#10 愛人/テレサ・テン
#11 六本木心中/アン・ルイス


今回は「ルックバック昭和歌謡・昭和59、60年編」と題してお送りしました。いかがでしたか?
この頃から男性アイドルに新しい動きが出てきたようです。いわゆる歌謡アイドルではない、フォーク、ニューミュージック系のアイドルとでもいいましょうか・・・。原田真二さんあたりをルーツとするスタイルですね。チェッカーズや吉川さんはその代表ともいうべき存在でした。翌年のC−C−Bのブレイクにもつながっているようです。
その一方で、実力派女性歌手のヒットも目立ちました。小柳さんもそうですが、欧陽菲菲さんのヒットは長い年月をかけて人々に浸透していったのでしょう。女性歌手の活躍はアンルイスさんやテレサテンさんのヒットも生んでいます。
また安全地帯らニューミュージックのバラード系のヒットも目をひきます。ルックもこの時代を代表するヒットですネ。
ちなみに安全地帯は11月14日鹿児島市民文化ホール第一でコンサートを行います。
お問い合わせは092−714−0159キョードー西日本までどうぞ。
番組では引き続き、特集や、ジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストもお待ちしております。
さて来週は「ルックバック昭和歌謡・昭和61、62年編」を中心にお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 きっと愛は不公平/松室政哉 】

    小学生の頃、おもちゃのピアノで作曲を始めた松室政哉。 中学から本格的に音楽活動を開始し、201…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 That’s My Baby/RIRI 】

    LAにてAriana Grande・Kylie Minogue・Jennifer Lopezを手掛け…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 The Same Star / BELLE & SEBASTIAN 】

    カリスマ化を超越し、結成20年を迎えた現在まで世界中のファンを虜にし続けているベル・アンド・セバスチ…
seasidezombie
banner
banner
banner
banner
未来授業
#スマラー
EARTH×HEART LIVE 2018
ページ上部へ戻る