12/4 オンエア

メッセージ

#1 この広い野原いっぱい/森山良子
#2 世界は二人のために/佐良直美
#3 いとしのマックス/荒木一郎
#4 想い出の赤いヤッケ/高石ともや
#5 帰って来たヨッパライ/ザ・フォーククルセダーズ
#6 花と小父さん/伊東きよ子
#7 北国の青い空/奥村チヨ
#8 ビタースィートサンバ/ハーブアルパートとティファナブラス
#9 かわいそうな娘/ヘンリー
#10 バラ色の雲/ヴィレッジ・シンガーズ
#11 真冬の帰り道/ザ・ランチャーズ
#12 野バラ咲く路/市川染五郎
#13 大空と大地の中で/松山千春


今回は「ルックバックフォーク&ニューミュージック昭和42年編」をお送りしました。いかがでしたか?
この年も森山良子さんや佐良直美さんといったフォーク、ポップス界や奥村チヨさんといった歌謡界など女性が活躍していました。一方でGSも人気でした。共通して言えるのはフォークミュージックの影響でしょうか?
演劇界からも先代の市川染五郎さん(現松本幸四郎)が自作自演のヒットを放ちました。
この年フォークミュージック界にとっての最大のニュースはザ・フォーククルセダースのデビューでしょう。
単なるコミックソングに終わらずメンバーの才能は翌年にかけ発揮され、70年代までフォークの名曲を手がけることになります。
「朝の健康チェックコーナー」に続いての元気ソングは42年10月にスタートした深夜放送のテーマをお送りしました。
また今回最後はリクエストにお応えしました。松山千春さんのコンサートは今月12日(月)鹿児島市民文化ホール第一で行われます。チケットは各プレイガイド、コンビニでどうぞ。お問い合わせは電話099−226−3465鹿児島音協まで。
番組では引き続き、特集や、ジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストもお待ちしております。
さて、来週は「ルックバックフォーク&ニューミュージック昭和50年編」をお送りします。どうぞお楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 美しい人 / 村上佳佑 】

    伝説のアカペラグループ「A-Z(アズ)」で活躍後、ソロに転身。 その後、“NIVEAブランド”…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 空 feat.SALU / 向井太一 】

    25歳のシンガーソングライター『向井太一』 自己プロデュース力に長け、純横無尽に音楽やトレンド…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 So Much More than This / Grace VanderWaal 】

    13歳のシンガー・ソングライター“グレース・ヴァンダーウォール”。 悩み、葛藤、夢、全てを包括…
ページ上部へ戻る