10/12オンエア

メッセージ

#1 君といつまでも/加山雄三
#2 星のフラメンコ/西郷輝彦
#3 こまっちゃうナ/山本リンダ
#4 この広い野原いっぱい/森山良子
#5 思い出の渚/ザ・ワイルドワンズ
#6 星影のワルツ/千昌夫
後TM 北風小僧の寒太郎/堺正章


今回は昭和41年の特集でした。おかけした曲でもおわかりのように若い歌手の活躍が目立った年のようです。
加山さんは自作自演できる歌手、いわばシンガーソングライターのはしりともいうべき存在ですね。このあたりからアメリカのフォークソングブームなどの影響で大学生らがキャンパスにギターを持って歌を口ずさむといった光景が見受けられるにようなったと聞いています。やがてフォークギターがエレキに変わりGSブームにつながっていったのでしょうか?この年にはザ・ワイルドワンズをはじめ、ザ・スパイダース(夕陽が泣いている)、ジャッキー吉川とブルーコメッツ(青い瞳)らがヒットを放っています。
またこの年の干支は丙午にあたり、出生数が前後の年に比べかなり少なかったようです。しかしながら小泉今日子、薬丸裕英(元シブがき隊のヤッくん)、渡辺美里、パパイヤ鈴木、スガシカオ、鈴木保奈美、植草克秀と東山紀之(共に少年隊)、早見優、三田寛子(私ファンでした)、鹿児島からは国生さゆりとアイドルを中心に多彩な皆さんが誕生しています。
番組でもお話しましたが、私としては『ビートルズ来日』と『ウルトラQ、そしてウルトラマン』という2大マイブームにつきます。ビートルズ来日時の異常な位の警備体制とかテレビ初の本格的特撮シリーズ誕生の背景など調べれば調べるほど深いものがあります。この手は始めるととても長くなりますので、また機会を改めて(本編の特集も含めて)取り上げますね。
番組のエンディングでお話した緒方拳さんと福田和禾子(ふくだわかこ)さんの急逝は本当に残念ですねえ。
それぞれ役者、そして子供さん向けのうたの作曲家としてたくさんの業績を残されました。
謹んでご冥福をお祈りしたします。
さて、先週お知らせした「男はつらいよ」の限定上映、皆さんはご覧になりましたか?
今週は17日までTOHOシネマズ与次郎で「男はつらいよ 寅次郎紅の花」(’95公開 最終作マドンナは浅丘ルリ子さん 鹿児島市、奄美大島でロケ)が公開です。入場料は・・・なんと500円!!
実は私、この作品の撮影の取材に行ったんです!磯のぢゃんぼ餅屋さんでした。あいにく天気が悪く桜島が
雨雲に霞んでいたのを憶えています。
どうぞよろしければ鹿児島の風景とともに寅さんワールドに浸って下さい。
本日もここでミューFMからの情報を・・・。いよいよ明日13日(月・祝)に『ミュージックスペース’08』という公開生番組を放送します。会場はJR鹿児島中央駅のアミュ広場です。なんでも昭和を体験できるイベントもあるとか・・・。
お時間のある方は是非遊びにいらして下さい。
それからもう一つ。来月1日の「コスモアースコンシャスアクト’08」へのご参加もお待ちしております。
どちらとも詳しくはこのホームページのトップ欄をご覧下さい。
最後に福田和禾子さんの楽曲をはじめ、ご自身もたくさんの子供さんの唄を作って歌ってらっしゃるうたのおにいさん、坂田おさむさんが今月21日(火)にKYTさんの21:00からの番組に出演されます。こちらもよろしければご覧下さい。
「誰も知らない泣ける歌」という番組で「ママの結婚」という歌を歌われます。とてもいい曲ですよ。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 幻影列車 / SIX LOUNGE 】

    大分発、ロックンロールバンド SIX LOUNGE。 激情と儚さを描く歌詞、日本人の琴線に触れ…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 でも生きている / アイラヴミー 】

    『ボロボロになるのは新しい自分になるため「生きる」ということは「新しい自分になり続けてこと」だと…ど…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 Serbia Drums / !!! 】

    突き抜けてエネルギッシュかつ痛快に反体制の姿勢を示し続けているチック・チック・チック。 最狂の…
FINEVISUAL&DEAREST
鹿児島deきばっど
防災ハンドブック 2019PDFダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る