10/5オンエア

メッセージ

#1 上を向いて歩こう/坂本九
#2 スーダラ節/植木等
#3 東京ドドンパ娘/渡辺マリ
#4 パイナップルプリンセス/田代みどり
#5 硝子のジョニー/アイジョージ
#6 王将/村田英雄
#7 銀座の恋の物語/石原裕次郎・牧村旬子


10月に入りました。台風も去り秋も本番を迎えようとしています。今週は今から47年前のヒット曲です。
「上を向いて歩こう」 と「スーダラ節」の2大ヒットは当時の世相を反映しているようでなりません。
かたやほろ苦い失恋ソングでありながら坂本九さんの明るい歌声で庶民の支持を得、かたや経済成長初期のサラリーマン生活を通して生き方を説いて(?)植木さんのC調の歌声と共に大ヒット、それぞれの作り手コンビ(永六輔さん、中村八大さんと青島幸夫さん、萩原哲晶さん)も大ヒットメーカーとして一時代を築き上げます。
ドドンバの渡辺さんや田代さんら若手の女性歌手によるヒットもありましたが、やはり当時は大人のヒット曲が多かったのではないでしょうか?アイジョージさんや村田さんらのヒットはどう考えても十代、二十代からは支持されたとは思えません。つまり若者に限らず大人が聴ける音楽もしっかり根付いていた時代、音楽がみんなの娯楽だった時代だったのでしょう。まずラジオで、映画で、そして普及しはじめたテレビで曲と触れてレコード店に足を運ぶ。ダウンロード、ネット販売などいろんな面で便利になった今とは違った音楽の楽しみ方が普通だったのでしょう。もっともほんの十年ほど前まではそれが当たり前だったのですが・・・。
別の回でも記しましたが時代別特集や歌手別特集などは一回だけでなく今後もパート1、パート2と続けますのでお楽しみに。引き続きリクエストもお待ちしております。
ここで昭和を代表する名画の限定上映の情報を・・・。
あの「男はつらいよ」がDVDボックスとして発売されるそうです。それを記念して全国の映画館でご当地ロケのあった作品を中心に期間限定上映されるそうです。
鹿児島ではTOHOシネマズ与次郎で昨日から10日まで「男はつらいよ 寅次郎真実一路(’84公開、マドンナは大原麗子さん 指宿市、枕崎市でロケ)、11日から17日まで「男はつらいよ 寅次郎紅の花」(’95公開 最終作 マドンナは浅丘ルリ子さん 鹿児島市、奄美大島でロケ)の2作品が公開です。入場料は・・・なんと500円!!
鹿児島の風景とともに寅さんワールドに浸ってみようかなあ。
最後にミューFMからの情報を・・・。今月13日(月・祝)に『ミュージックスペース’08』という公開生番組を放送します。会場はJR鹿児島中央駅のアミュ広場です。なんでも昭和を体験できるイベントもあるとか・・・。
お時間のある方は是非遊びにいらして下さい。
それからもう一つ。番組中早口の紹介でわかりづらかったかもしれません。来月1日に「コスモアースコンシャスアクト’08」を桜島で行います。たくさんのご参加お待ちしております。
どちらともも詳しくはこのホームページのトップ欄をご覧下さい。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 ノイズ / 須澤紀信 】

    長野県出身のシンガーソングライター 須澤紀信26才。 人柄を映すような、優しく力強い歌声を武器…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 フカンショウ / パノラマパナマタウン 】

    PANORAMA×ADDICTION = パノラマ中毒という意味をこめたミニアルバムで鮮烈なデビュー…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 ハバナ feat. ヤング・サグ / Camila Cabello 】

    キューバ(ハバナ)生まれ、メキシコ~マイアミ育ちのアメリカ人シンガーカミラ・カベロ。 フィフス…
ページ上部へ戻る