12/6オンエア

メッセージ

#1 勝手にしやがれ/沢田研二
#2 カルメン’77/ピンクレディ
#3 赤い衝撃/山口百恵
#4 失恋レストラン/清水健太郎
#5 あずさ2号/狩人
#6 かけめぐる青春/ビューティーペア
#7 昔の名前で出ています/小林旭
#8 能登半島/石川さゆり
#9 愛のメモリー/松崎しげる
#10 ビューティフルサンデー/ダニエル・ブーン


今回は国内のヒット曲昭和52(1977)年編でした。いかがでしたか?
以前特集もしましたがこの年は作詞家阿久悠さんとピンクレディが大活躍した年でした。ヒット曲も阿久さんの作品が多いですね。そんな中清水健太郎さんや、狩人などこの年ならではの新人もデビューしました。
ビューティペアもこの時期を代表する存在です。それまでキワモノ的(?)扱いだった女子プロレスをいっきにアイドル人気に転換したのですから。当時はマッハ文朱やジャガー横田、ミミ萩原など先輩やライバルにも人気選手がいたもの人気の要因かもしれません。その後クラッシュギャルズなども登場しますが彼女らには及ばなかったような気がします。
残念ながらジャッキー佐藤さんは今から10年前に亡くなられ、お二人揃っての勇姿を見ることはできません。
歌謡曲も印象深いヒット曲がでました。おかけした2曲以外にも八代亜紀さんの「なみだ恋」、内藤やす子さんの「想い出ぼろぼろ」、杉良太郎さん「すきま風」などなど・・・ 
この年に限らず昭和のヒット曲は実に深いですね。また2集、3集と取り上げてまいります。
最後はリクエストにお応えして「ビューティフルサンデー」をお送りしました。またテーマソング特集をそのうち
お送りしますのでお楽しみに。リクエストもお気軽にどうぞ。
さて来週は国内のヒット曲昭和48(1973)年編その2をお送りします。どうぞお楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 彼氏はいません今夜だけ / コレサワ 】

    大阪府摂津市出身の覆面女子シンガーソングライター。 中毒性のある声、POP なメロディー、日常…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 白に告げる / プルモライト 】

    札幌を拠点に活動する4人組ロックバンド。 代表曲「間もなくフィクション」「8回目のマニフェスト…
ページ上部へ戻る