μFM Audition raise Q&A

流れについて

9月17日(土)にAMU広場で開催する各レコードメーカーやプロダクションが審査員を務めるオーディション本選に出場する。
そのためには、webエントリーの1次審査、そして、献血センターか、撮影スタジオで行う2次審査に参加し、アミュ広場で行う本選出場の切符をつかんでください。

Q&A

<ヴォーカル部門 1次審査について>
● webから自分の歌っている動画を送ってください。

Q1.どんな動画おくればいいの?
90秒前後でお願いします。(短くてもOK)
基本アカペラでOKです。カラオケありでもOKですが、ボーカルレスの音源に合わせて歌うようにお願いします。
動画は、上半身、また、歌う顔がよく分かるものでお願いします。
音が割れないよう、ビデオカメラに近づきすぎないようにお願いします。
携帯以外で撮影したものもOKです。
どうしても映像が取れない場合は、音声のみでもOKですが、その旨エントリーメールに記載をお願いします。
動画は加工しないでください。
webの環境がない、また、どうしてもうまくいかない場合は、郵送にて映像、音声を送ってもOKです。
その際は送付のメディア(DVD,CD、SDカードなど)の返却はいたしません。
送り先は、〒892-8579 エフエムかごしま オーディションレイズ担当者 長友まで
2次審査に進む方数名に、雛形として動画をHPにアップするご相談をする場合があります。その際は、ぜひご協力をお願いします。

Q2.どんな歌、歌えばいいの
基本、難しい歌はお勧めしません。
たとえばアイドルが歌う簡単な歌などを、上手にあなた風に歌うことをお勧めします。
たとえば、車の免許の試験に、運転の難しいスポーツカーでいくより、運転の簡単なファミリーカーで試験を受けた方が受かりやすいように、簡単な歌をお勧めします。
また、最近のヴォーカロイド系の曲はお勧めしません。
ブレスの場所や、ピッチなど、PCで作る歌は難しい傾向があります。
難しい歌が歌えることは審査の評価につながりにくいことが多いです。

<モデル部門 1次審査について>
● webから自分の映っている静止画を2枚、送ってください。

e_2016_09_raise_qa_1 e_2016_09_raise_qa_2

1、全身と上半身の2枚でお願いします。
2、写真は縦長、携帯の場合は縦にして撮影してください。
3、衣装は体型、ボディラインがわかるものにしてください。
  コーディネートは審査対象ではないので、シンプルでOK。

●注意!
・プリクラはNG!
・過度なメイク、特にカラコンは審査できなくなるので注意してくださいね。

●上手に撮るポイント
・明るい場所で撮りましょう。
 屋内でも屋外でもかまいません。
 顔に影ができる場合には、影ができる側に反射板
 (白い紙などで大丈夫)を置くときれいに撮影できます。
e_2016_09_raise_qa_3 e_2016_09_raise_qa_4

●姿勢良く
・全身写真は背筋を伸ばして、特に肩が前に落ちないように気をつけると、綺麗な姿で撮れます。
e_2016_09_raise_qa_5

●raise!特設ページから送信する場合は、特に写真サイズを縮小して送っていただく必要はありません。
また、webの環境がない、どうしてもうまく送れないなどの場合は、郵送にて写真を送ってもOKです。
その際は写真の返却はいたしません。
送り先は、〒892-8579 エフエムかごしま オーディションレイズ担当者 長友まで

●本選について
本選出場者は、9月から審査員提出用の写真撮影、個人レッスン、
プレイベントの参加など、毎週末スケジュールを可能な限り
空けていただく場合があります。

<2次審査について>

Q.1いつあるの?
まだ日程は決まっておりません。各月に2次審査通過者をとりまとめ、随時ご連絡いたします。
予定としては、ヴォーカル部門は8月下旬に、県庁そばににある血液センター かもいけクロスの最上階のホールを、モデル部門は、同じく8月下旬港大通り公園そばのスタジオグリオスタで撮影する予定です。

Q.2その際、保護者は、同伴できますか?

モデル部門、ヴォーカル部門伴に保護者の同伴OKです。

<本選について>
本選出場者は、9月から審査員提出用の写真撮影、個人レッスン、プレイベントの参加など、毎週末スケジュールを可能な限り空けていただく場合があります。

Q.本選にでれば、デビューできますか?
できません。
が、本選には、各レコードメーカーやプロダクションを招いております。
●審査員実績
・ヴォーカル部門
アーティマージュ/アソビシステム/LDH研音/ソニーミュージック/DCTレコード/ビクターエンタテインメント/ヒップランドミュージック/フジパシフィックミュージック/ポニーキャニオン/ホリプロ/誠屋/YAMAHA music/よしもとR&C/ライブフェルミュージック
・モデル部門
アソビシステム/アルテミス・ジャパン/LDH/オスカープロモーション/研音/スターダストプロモーション/ホリプロ/ラフェイス

本選では優勝してもメーカーや、プロダクションから声がかからない場合もあれば、優勝してなくても、声がかかる場合もあります。
このオーディションは、AMU広場で行うレコードメーカーやプロダクションのお見合いの場とお考えください。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 タラレバ流星群/ロザリーナ 】

    忘れられない声とキュートなルックスを持つ”ロザリーナ”。 その才能に触れた関係者・クリエイターたち…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 BOY/uchuu 】

    幅広いダイナミクスと高揚感を、様々な機材とテクノロジーを駆使し、情景が描かれるようなバンドサウンドと…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【FADED/ALAN WALKER 】

    ノルウェー出身、弱冠20歳の次世代プロデューサー=アラン・ウォーカー。 2015年に発表した「…
ページ上部へ戻る