4/18オンエア

メッセージ

#1 しあわせ芝居/桜田淳子
#2 かもめが翔んだ日/渡辺真知子
#3 銃爪/世良公則&ツイスト
#4 季節の中で/松山千春
#5 林檎殺人事件/郷ひろみ、樹木希林
#6 チャンピオン/アリス
#7 HERO(ヒーローになる時、それは今)/甲斐バンド
#8 UFO/ピンクレディ


今回は「特集ザ・ベストテンの時代その1」と題してお送りしました。いかがでしたか?
昭和53年1月にスタート。番組へ寄せられたリクエスト、各放送局のチャートを総合して順位を決めると言う従来の歌番組とは一線を画す画期的な番組。それが『ザ・ベストテン』でした。
生放送で、スタジオはもちろん可能な歌手は中継でも出演するというスタイルと順位の決め方が受け、たちまち人気番組になりました。スタート当初はちょうどスタ誕出身の歌手が全盛でしたが、時期的にニューミュージック系のアーティスト、曲が注目されはじめ、それまでの歌番組では見ることのできなかった歌手も相次いで出演、ライブ演奏を披露し注目を集めました。しかしながら中にはテレビ出演を拒否するアーティストもおり、司会の久米宏さんが毎回頭を下げながらお詫びコメントを話していらっしゃいました。
そんな中でも制作スタッフの説得を受け入れ、1回限りで出演したアーティストもいました。(松山千春さんや甲斐バンドなど)今後不定期ではありますが、この『ザ・ベストテン』でヒットした曲を特集してまいります。
さて来週は「再会!アラフォーアイドル特集」と題してお送りします。最近テレビCMで久しぶりにその変わらない美貌を披露してくれたアイドルを中心に取り上げます。どうぞお楽しみに!

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 タラレバ流星群/ロザリーナ 】

    忘れられない声とキュートなルックスを持つ”ロザリーナ”。 その才能に触れた関係者・クリエイターたち…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 BOY/uchuu 】

    幅広いダイナミクスと高揚感を、様々な機材とテクノロジーを駆使し、情景が描かれるようなバンドサウンドと…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【FADED/ALAN WALKER 】

    ノルウェー出身、弱冠20歳の次世代プロデューサー=アラン・ウォーカー。 2015年に発表した「…
ページ上部へ戻る