5/29 オンエア

メッセージ

#1 経験/辺見マリ
#2 新宿の女/藤圭子
#3 京都慕情/渚ゆう子
#4 雨がやんだら/朝丘雪路
#5 女の意地/西田佐知子
#6 ざんげの値打ちもない/北原ミレイ
#7 雨のエアポート/欧陽菲菲
#8 北国行きで/朱里エイコ
#9 喝采/ちあきなおみ
#10 他人の関係/金井克子
#11 同棲時代/大信田礼子
#12 絹の靴下/夏木マリ
#13 二人でお酒を/梓みちよ


今回は『’70年代歌謡曲ヒット女性編その1』をお送りしました。いかがでしたか?
先週のアイドルヒットとは一味も二味もちがう’70年代の女性歌謡曲ヒット。曲ごとにカラーがちがいます。
辺見さんや藤さんなど当時はアイドルといってもおかしくない年齢にも関わらず、艶っぽい曲を歌ったり、本格歌謡だったり全体的に大人っぽい曲が多いなという印象です。
あとサウンド的には当時の洋楽の影響がうかがえる曲がいくつか。欧陽菲菲さんや朱里エイコさんのヒットはリズム&ブルースの雰囲気がたっぷりです。
金井克子さんや夏木マリさんは独特のアクションでもおなじみでしたが、曲はよく聴くときわどい内容ですね。
思わず赤面しそうです。
アイドルと歌謡曲、フォークなどが混在していた・・・70年代の特徴のようです。
番組では引き続き、特集やジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストお待ちしております。
さて来週は4月の84歳で亡くなられた子供向けのうたの作曲で知られる「宇野誠一郎作品集&こどものうた特集」と題してお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 タラレバ流星群/ロザリーナ 】

    忘れられない声とキュートなルックスを持つ”ロザリーナ”。 その才能に触れた関係者・クリエイターたち…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 BOY/uchuu 】

    幅広いダイナミクスと高揚感を、様々な機材とテクノロジーを駆使し、情景が描かれるようなバンドサウンドと…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【FADED/ALAN WALKER 】

    ノルウェー出身、弱冠20歳の次世代プロデューサー=アラン・ウォーカー。 2015年に発表した「…
ページ上部へ戻る