6/20オンエア

メッセージ

#1 スマイルフォーミー/河合奈保子
#2 ギンギラギンにさりげなく/近藤真彦
#3 夏の扉/松田聖子
#4 恋のぼんちシート/ザ・ぼんち
#5 みちのくひとり旅/山本譲二
#6 奥飛騨慕情/竜鉄也
#7 キッスは目にして/ザ・ヴィーナス
#8 ルビーの指環/寺尾聰


今回は「ザ・ベストテンの時代その3」と題してお送りしました。いかがでしたか?
まずは当時全盛のアイドルヒットから。番組でもお話しましたがマッチと聖子さんはデビュー30周年記念ツアーで共に鹿児島にやって来てくれます。詳しいお問い合わせは099−223−7710K&Mコーポレーションまでどうぞ。
そしてこちらも大人気だった漫才ブームからザ・ぼんちの大ヒットお送りしました。テレビでは「THE MANZAI」や「花王名人劇場」などでひっぱりだこでしたね。このお二人は単独で日本武道館公演もされています。
続いて息の長いヒットといえば演歌。代表的な2曲お送りしました。
化粧品のコマーシャルソングでクラシックをオールディーズ風にアレンジしたザ・ヴィーナスのヒットも当時を思い出させます。
最後は歴史に残る大ヒット。最長連続1位記念でザ・ベストテンの最後まで設置されていたあのシートは今どこに?
昭和56年当時のヒットの数々、バラエティに富んでいて選曲もうれしい悲鳴をあげてしまいます。
まだあれがあったでしょう?これかかってないじゃない?という声が聞こえてきそうです。お目当ての曲がかからなかっていなかったらごめんなさい。これに懲りずリクエストお待ちしています。
係では引き続きジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストお待ちしております。お気軽にどうぞ。
さて来週は「昭和音楽館的雨うた特集」をお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 彼氏はいません今夜だけ / コレサワ 】

    大阪府摂津市出身の覆面女子シンガーソングライター。 中毒性のある声、POP なメロディー、日常…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 白に告げる / プルモライト 】

    札幌を拠点に活動する4人組ロックバンド。 代表曲「間もなくフィクション」「8回目のマニフェスト…
ページ上部へ戻る