7/25オンエア

メッセージ

#1 恋する夏の日/天地真理
#2 涙の太陽/安西マリア
#3 裸のビーナス/郷ひろみ
#4 情熱の嵐/西城秀樹
#5 十七の夏/桜田淳子
#6 夏ひらく青春/山口百恵
#7 あなただけを/あおい輝彦
#8 暑中お見舞い申し上げます/キャンディーズ
#9 渚のシンドバッド/ピンクレディー
#10 サマーチャンピオン/浅野ゆう子
#11 夏の扉/松田聖子
#12 渚のシンデレラ/柏原芳恵
#13 エスカレーション/河合奈保子
#14 夏色のナンシー/早見優


今回は「サマーソングコレクション・アイドル編」と題してお送りしました。いかがでしたか?
昭和40年代後半から10年ほどの夏にまつわるアイドルヒットの数々の中からまずは白雪姫こと天地真理さんのヒット曲からスタート。この曲でテニスに目覚めた方もいらっしゃるのでは?
続いて安西マリアさんのカバーヒットを。独特のアクションを覚えているかたもいらっしゃることでしょう。
そして新御三家と花の中三トリオのヒット曲を続けて。
51年のあおい輝彦さんのさわやかなヒットに続いては今でも夏の定番ヒットとなっている女性トリオとデュオの代表曲をお送りしました。
54年の浅野ゆう子さんのヒットは浅野さん自身にとってもターニングポイントとなったのではないでしょうか?
当時化粧品のキャンペーンソングとしてヒットしましたが浅野さんはそのキャンペーンモデルも務めていらっしゃいました。
化粧品店に浅野さんの等身大(おそらく)のパネルが飾ってあったのを覚えています。
昭和50年後半はアイドルヒットが続きました。正直選曲にも悩みました。
いつもそうですが、「今回の特集だったらこれを取り上げなきゃ」、「あの曲聴きたかった」などご意見もおありでしょう。
こちらもうっかりかけそびれた曲もあるかと思われます。どうぞお気に入りの1曲リクエスト教えて下さい
また係では引き続き、特集やジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストお待ちしております。お気軽にどうぞ。
来週は恒例「夏休み特集昭和のテレビまんが主題歌集」と題してお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 きっと愛は不公平/松室政哉 】

    小学生の頃、おもちゃのピアノで作曲を始めた松室政哉。 中学から本格的に音楽活動を開始し、201…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 That’s My Baby/RIRI 】

    LAにてAriana Grande・Kylie Minogue・Jennifer Lopezを手掛け…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 The Same Star / BELLE & SEBASTIAN 】

    カリスマ化を超越し、結成20年を迎えた現在まで世界中のファンを虜にし続けているベル・アンド・セバスチ…
seasidezombie
banner
banner
banner
banner
未来授業
#スマラー
EARTH×HEART LIVE 2018
ページ上部へ戻る