8/16オンエア

メッセージ

#1 リンゴの唄/並木路子、霧島昇
#2 かえり船/田端義夫
#3 東京の花売り娘/岡晴夫
#4 啼くな小鳩よ/〃
#5 夜霧のブルース/ディック・ミネ
#6 港が見える丘/平野愛子
#7 夢淡き東京/藤山一郎


今週と来週は終戦直後のわが国の復興を支えたヒット曲も数々を当時の音源でお送りします。
したがって音質的にはモノラルかつSP盤ということでかなりお聞き苦しい点も曲によってはあろうかと思われます。
しかしながらより時代感は伝わるかと思い、再録音ではなく収録当時の音源で入手できたものを使用しました。
敗戦という沈んだ気持ちと戦争中のいろいろな制約から解放された環境の中、歌は混沌とした中に光を見出そうと日々の生活に汗していた当時の日本人の心と夢の代弁者的な存在だったのではないでしょうか?
娯楽らしい娯楽もない時期にラジオや映画から流れるメロディーに元気づけられたことでしょう。
民主主義を謳歌しようという新しい動き、はたまた抑留から帰ってくる敗戦を引きずった元兵士など街角には様々な人間模様が溢れており、そんな雰囲気がヒット曲にも反映されているような気がします。
さて来週は昭和23年〜25年あたりまでのわが国の復興期を支えたヒット曲をお送りします。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 彼氏はいません今夜だけ / コレサワ 】

    大阪府摂津市出身の覆面女子シンガーソングライター。 中毒性のある声、POP なメロディー、日常…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 白に告げる / プルモライト 】

    札幌を拠点に活動する4人組ロックバンド。 代表曲「間もなくフィクション」「8回目のマニフェスト…
ページ上部へ戻る