9/12オンエア

メッセージ

#1 十七才/南沙織
#2 水色の恋/天地真理
#3 芽ばえ/麻丘めぐみ
#4 娘ごころ/水沢アキ
#5 あなたなら/池上季実子
#6 ひとりごと/岡田奈々
#7 あの場所から/朝倉理恵
#8 まちぶせ/三木聖子
#9 めざめ/木之内みどり
#10 雨だれ/太田裕美
#11 あこがれ/大場久美子
#12 涙のドライブ/相本久美子
#13 右向け右/石川ひとみ
#14 アテンションプリーズ/能勢慶子


今回は「70年代アイドルヒットアラカルト」と題してお送りしました。いかがでしたか?
まずは当時まだ日本復帰をしていなかった沖縄からやってきた歌姫。長い黒髪が印象的でした。20年ほど前、船で沖縄に行った際、沖縄本島が見え始めた頃から船内で「♪クィーンコーラル走れー」という歌がずっと流れていました。今でも流れているのかな?
続いて70年代を代表するアイドルのデビュー曲を。特に天地真理さんは大人はもちろん、子供たちにも人気で女の子向けの『ドレミ真理ちゃん』という自転車も発売されていました。
アイドルを経て現在、女優として活躍中の方も多いですが、そんなみなさんの曲もお送りしました。
そして『あの場所から』と『まちぶせ』は’80年代になってアイドルが再び歌いヒットしました。オリジナルも根強い人気があるようです。
現竹中直人さん夫人の木之内さんはアイドル時代から当時としてはめずらしくロマンスのうわさが・・・。
太田さんはニューミュージック系アイドルの走りですね。
大場さんはコメットさんでおなじみですが、日本武道館での歌手引退コンサートが当日台風に見舞われるというファンにとっては残念な出来事もありました。
相本さんは『TVジョッキー』のアシスタントとしても活躍。ヘビなどが苦手な司会の土居まさるさんに代わって健気に番組を進行していました。
石川さんは『レッツゴーヤング』のサンデーズや『プリンプリン物語』などNHKでの活躍が印象的ですね。
最後の能勢さんは歌手としてよりはドラマの演技が印象的でよくものまね番組でネタにされていました。
ひとくちに70年代といっても10年間にはたくさんのアイドルが誕生しました。
評価や好感度は人それぞれですが、本日取り上げた皆さんの曲はどれも秀作ばかりでした。
今回紹介した以外にも数々のアイドルが誕生しています。これからもアイドルは機会をみてとりあげますのでお楽しみに。
また係では引き続き、特集やジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストお待ちしております。
来週はもうすぐ敬老の日「今から50年前のヒット曲」と題してお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 言葉がなかったら / MONO NO AWARE 】

    東京都八丈島出身の玉置周啓と加藤成順、そして大学で知り合った竹田綾子と柳澤豊によるバンド「MONO …
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Ark / 北園涼 】

    “想いを胸に飛び立つ準備” 鹿児島県出身。 俳優として人気を博す北園涼がついにメジャーデビュ…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 Part Ⅱ / Vivien Yap 】

    ソウルネスとポップセンスを併せ持つ、南国の風のような、穏やかで心地よいサウンドで、聞くものを魅了する…
FINEVISUAL&DEAREST
鹿児島deきばっど
防災ハンドブック 2019PDFダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る