9/14オンエア

メッセージ

#1 南国情話/若山彰、能沢佳子(のざわよしこ)
#2 島のブルース/三沢あけみ、和田弘とマヒナスターズ
#3 薩摩の女/北島三郎
#4 なんとなくなんとなく(鹿児島弁バージョン)/ザ・スパイダース
#5 青年おはら節/西郷輝彦
#6 港町ブルース/森進一
#7 国比べ/美空ひばり


お待たせしました。この番組のスタート当初からお送りしたいと思っていた特集です。
南国情話は長崎鼻などの観光地に行くと必ず流れており、お土産屋さんに「レコードあります」という看板も目にした憶えがあります。今もそうなのでしょうか?ちなみにCDでも発売されております。
ザ・スパイダースのナンバーは以前担当していた生番組のエンディングテーマで使用していたのでひょっとするとお聴きになった方もいらっしゃるかもしれません。それにしても本当によく鹿児島弁になってます。
当時一体誰が訳(?)したのか、とても気になります。映画は学生時代にKKBさんが平日午前中にやっていらした『奥様映画館』とう番組で偶然目にした憶えがあります。城山に遊園地があった頃(城山遊楽園、これもまた実になつかしい)の城山観光ホテルや指宿の砂蒸し温泉(場所不明)が出てきました。国道225号線を移動中のシーンもあったと記憶しています。映画の作りとしては「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」や「ヘルプ!」といったビートルズの作風の影響がそのまま現れていたようです。スパイダースに限らず当時のGSの映画は大抵そうでしたね。
西郷さんの曲は発売当時のお祭りや運動会では必ず踊られていたと伺いました。ひょっとすると今でも踊ってらっしゃるところもあるかも知れません。
美空さんの曲もタイトルをパソコンで検索するといろいろとサイトが出てきて、隠れた名曲であることがわかります。
今回特集をするにあたりリサーチして改めてわかったのですが、思っていた以上に音源が廃盤に近い状態にあるということです。データ配信など音楽の入手手段は今後目まぐるしく変わっていくかもしれませんが、少しでもニーズがあるなら何らかの形で音源が入手できるようレコード会社の方々にもお願いしたい次第です。
閑話休題
リスナーの皆さんの中にはこの番組自体がなぜFMで?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかしメディアの種類に関係無く音楽は人々の生活のそばにずっとあったのです。たぶんFMのメインリスナーであろう皆さんのお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんにも何かしら思い出に残っている人生の1曲があるはずです。
そんな世代を越えて一人一人の心に残るナンバーをこの番組ではご紹介しようと日々こころがけております。
これからも時代、ジャンル、内外の、歴史に、人々の心に刻まれた曲の数々を可能な限りご紹介してまいります。
リクエスト、ご提案、心からお待ちしています。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 幻影列車 / SIX LOUNGE 】

    大分発、ロックンロールバンド SIX LOUNGE。 激情と儚さを描く歌詞、日本人の琴線に触れ…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 でも生きている / アイラヴミー 】

    『ボロボロになるのは新しい自分になるため「生きる」ということは「新しい自分になり続けてこと」だと…ど…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 Serbia Drums / !!! 】

    突き抜けてエネルギッシュかつ痛快に反体制の姿勢を示し続けているチック・チック・チック。 最狂の…
FINEVISUAL&DEAREST
鹿児島deきばっど
防災ハンドブック 2019PDFダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る