9/19オンエア

メッセージ

#1 潮来笠/橋幸夫
#2 アカシアの雨がやむとき/西田佐知子
#3 月の法善寺横丁/藤島桓夫
#4 太陽がいっぱい/フィルムシンフォニーオーケストラ
#5 夏の日の恋/パーシーフェイス楽団
#6 ローハイド/フランキー・レイン
#7 ローハイド/小坂一也
#8 白銀は招くよ/トニー・ザイラー
#9 哀愁波止場/美空ひばり
#10 メロンの気持ち/森山加代子
#11 ラ・マラゲーニャ/アイ・ジョージ
#12 達者でナ/三橋美智也
#13 誰よりも君を愛す/松尾和子、和田弘とマヒナスターズ


今回は「今から50年前のヒット曲」と題してお送りしました。いかがでしたか?
明日は敬老の日ということで現在悠々自適の生活を送ってらっしゃる皆さんの青春時代、現役バリバリだったころの昭和35年の国内外のヒット曲を集めてみました。
まずは御三家のなかでは一番デビューが早かった橋さんのデビュー曲から。
そしてコーヒールンバでおなじみの女性歌謡の人気歌手のヒットを。続いて大阪の板前修業を題材にしたヒット曲とお送りしました。
国内だけでなく海外からのヒット曲も。映画関係から2曲。
そして当時人気を誇った海外のTV映画の主題歌をオリジナルと日本語カバーで続けて・・・
海外のヒット曲として最後はオリンピックのゴールドメダリストから俳優に転身し、活躍したトニーザイラーさんによるウインターソングの定番曲を。
また戦後歌謡の女王のこの年のヒット曲は『波止場』モノでした。
さらにこの年を代表する女性ポップス歌手と男性歌手の代表ナンバー。
ふるさと歌謡の第一人者、三橋さんの大ヒットもこの年でした。
最後はムード歌謡の代表曲でこの年のレコード大賞に輝いた大人のヒット曲で締めました。
さて今月11日早朝、ハナ肇とクレイジーキャッツのメンバーとして植木等さんらと共に活躍された谷啓さんが急逝されました。
谷さんを偲んで昭和38年の「愛してタムレ」をエンディングにお送りしました。
クレイジーキャッツなどの特集も近々お送りする予定です。
また係では引き続き、特集やジャンルに関わらずお好みの曲のリクエストお待ちしております。
来週は「フォーク、ニューミュージックアーティストによるヒット曲?」と題してお送りします。お楽しみに。

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 ノイズ / 須澤紀信 】

    長野県出身のシンガーソングライター 須澤紀信26才。 人柄を映すような、優しく力強い歌声を武器…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 フカンショウ / パノラマパナマタウン 】

    PANORAMA×ADDICTION = パノラマ中毒という意味をこめたミニアルバムで鮮烈なデビュー…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 ハバナ feat. ヤング・サグ / Camila Cabello 】

    キューバ(ハバナ)生まれ、メキシコ~マイアミ育ちのアメリカ人シンガーカミラ・カベロ。 フィフス…
ページ上部へ戻る