カテゴリー:Bran’μ Song 邦楽

  • Bran’μ Song 邦楽 【Promise You / THE BEAT GARDEN】

    作詞、作曲、トラックメイキングを自身でこなす3VOCALS+1DJの4人組!! 音の庭に蒔いた種から花が咲き誇り成長していくグループという願いも込められています。 エレクトロの高揚感とロックの躍動感が融合した「エレク…
  • Bran’μ Song 邦楽 【ヒカリアレ / BURNOUT SYNDROMES】

    大阪発、青春文學ロックバンド! 日本語の響き、美しさを大切にした文學的な歌詞やヴォーカル、その世界を彩る緻密に計算されたアレンジ。 スリーピースの限界に常に挑戦する彼らに注目です!! EPICレコードジ…
  • Bran’μ Song 邦楽 【シャトルラン / カノエラナ】

    twitterでの【30秒弾き語り動画】で話題騒然! 前髪ななめの20歳のポップロックガール、カノエラナ。 部活に祭りに恋に・・・二次元に恋するカノエラナが夏の全てを詰め込んだミニアルバムでメジャーデビュー! 部活…
  • Bran’μ Song 邦楽 【何千回でも 何万回でも / ホタルライトヒルズバンド】

    千葉・柏を拠点とする男女ツインボーカルポップスバンド「ホタルライトヒルズバンド」 7月27日リリースのニューミニアルバム「センスオブワンダー」収録のこの曲は、Vo藤田竜史が学生時代に続けていたサッカー部の当時キャプテン…
  • Bran’μ Song 邦楽 【Living Room / LILI LIMIT】

    「優しさ」と「狂気」が唄い合う無重力ポップバンド、LILI LIMIT。 2012年、山口県宇部にて結成。 右脳(感覚)の牧野純平(Vo.)、左脳(構築)の土器大洋(Gt.)が 中心となり構築されるLILI LIM…
  • Bran’μ Song 邦楽 【ナツコイ / 井上苑子】

    今年の春に高校を卒業したばかりの18歳のシンガーソングライター!! 新たなステージに向かうニューシングルをリリース!! 片思いのときめきや、もどかしさを、リアルな言葉で仕上げた、夏が待ち遠しくなるポップチューンです!…
  • Bran’μ Song 邦楽 【ひずみ / HARUHI】

    ひずみ / HARUHI 一瞬でその世界に惹きこむ圧倒的な声の存在感。 アメリカ生まれでバイリンガルならではの、曲によって日本語と英語のバランスを使い分けるボーダレスな言語感覚、女性らしさと少年性を併せ持つジェンダレ…
  • Bran’μ Song 邦楽 【かげおくり / ZYUN.】

    かげおくり / ZYUN. 昨年2015年より音楽活動を開始し、同年3月に赤坂BLITZで開催した初ライブはチケットがSOLD OUT! 独特な歌詞の世界観や4オクターブの音域と個性的な声質が魅力的な『ZYUN.』(…
  • Bran’μ Song 邦楽 【帰り道 / anderlust】

    どこまでも伸びやかで芯のある声が印象的な、ハートフルなミディアムロックナンバー。 海外育ちを感じさせる日本人離れした卓越したメロディーセンスと、世代を超えて共感できる歌詞の世界、それが空を突き抜けるような自由な歌声は、…
  • 僕とどうぞ / GOODWARP

    90年代ポップス、シティポップ、クラブミュージックなどへの愛着を感じさせるダンサブルなサウンドに、温もりある日常ドラマを唄う4人組バンド。 独特の視点から描かれる歌詞とメロディの世界観、心をくすぐる人懐っこい歌声、グルー…

ゲスト

  1. DATE:2018/7/23 アーティスト:杏沙子…
  2. DATE:2018/7/19 お笑いタレント:マイク…
  3. DATE:2018/7/17 アーティスト:美女&野獣…
  4. DATE:2018/7/10 アーティスト:小関ミオ…
  5. 2018/7/11

    GUEST【Rasstar】
    DATE:2018/7/10 アーティスト:Rasstar…

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 It’s all in the game / Qyoto 】

    「今しかない青春を歌う」現役大学生6人組バンドQyoto。 シンガーを目指して、京都の河原町・…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 花火の魔法 / 杏沙子 】

    鳥取県出身、2016年に本格的に音楽活動をスタート。 インディーズ時代にYouTubeにて公開した…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 恋のレゲトン・レント / CNCO 】

    平均年齢20歳、南米発 5人組ボーイズ・グループ。 2015 年、サイモン・コーウェルとリッキ…
ページ上部へ戻る