カテゴリー:Bran’μ Song 邦楽

  • リグレット / the irony

    叙情的な詞の世界、それを引き出す歌声、鮮やかなメロディーで皮肉の裏側にある優しさ、儚さ、日常に潜む「愛」を唄う「the irony」。メンバーチェンジを重ねた2012年8月、本格的に始動。昨年から会場限定シングルのリリー…
  • Floatin Groove / Keishi Tanaka

    伸びやかでソウルフルなボーカルとポップなメロディーが特徴の北海道出身のKeishi Tanaka。2011年に惜しまれながら解散したRiddim Saunterのフロントマン。解散後は一人での弾き語りやバンドセットでのラ…
  • ハンプティダンプティ / 荒川ケンタウロス

    誰にでもある日常をドラマチックな世界に変える5人組バンド。バンド名は、漫画家長尾謙一郎の「おしゃれ手帖」から名付けられました。2011年にリリースしたミニアルバムでは、完全無名ながらもCDショップバイヤーの間で評判を呼び…
  • もっと光を/ BLUE ENCOUNT

    熊本発、都内在住4人組エモーショナルギターロックバンド。熱く激しくオーディエンスと一体となるそのパフォーマンスがライブシーンで話題を呼び、その注目度は群を抜いています。昨年9月にメジャーデビューを果たし、さらに昨年末の全…
  • MY WAY/ Miss-art

    地元、金沢のクラブシーンで活動をスタートしたMiss-artは2011年、WebにUPされたオリジナル音源がスタッフの耳にとまり楽曲提供等、様々なクリエイティブに触れ、その世界観を開花させていく。安室奈美恵、JASMIN…
  • 結-Yui- /浜端ヨウヘイ

    身長192cmの超大型新人「史上最大のシンガーソングライター」。大きな体から放たれる大きく、美しく、切実な歌声。聞けばすぐに口ずさみたくなる卓越したPOPメロディーセンス。本人のイノセントな性格をそのまま映したストレート…
  • 東京 / きのこ帝国

    今もっともブレイクを期待されているバンド【きのこ帝国】。2008年から本格的にライブ活動を開始。ポストロック、シューゲイザーに影響を受けたサウンドで、下北沢、渋谷を中心にライブ活動を展開しています。アルバムで発売する前に…
  • 僕らの自分戦争 /Suck a Stew Dry

    年始にはiTunesが選ぶ「New Artist 2014」に選出され、また先月は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」への出場を果たした今年大注目の5人組ロックバンド。若者の感情を描いた独特な歌詞世界と歌声、…
  • lightning strikes /winnie

    疾走感あふれるロックサウンドと、透明感のある美しい男女ツインボーカルが特徴の2winnie。そのサウンドのキーとなるドラムを担当しているjin(ジン)さんは鹿児島市出身。 3年半ぶりのリリースとなるニューアルバム「Nos…
  • Overnight Superstar/BRADIO

    今、新世代ロックスターとして、ライブシーンで話題沸騰の4人組ロックバンド「BRADIO」の7/9リリースの2ndミニアルバム「Swipe Times」収録曲。 これぞ!という、思わず踊らずにはいられないダンサブルなナンバ…

Bran’μ Song

  1. Bran’μ Song 洋楽 【トゥー・マッチ・トゥ・アスク/ナイル・ホーラン】

    一世を風靡したワン・ダイレクションのメンバーとして、7,000万枚を超える セールスを上げ、数々の…
  2. HYPER Bran’μ Song 【「モーンガータ」/ アンテナ】

    「モーンガータ」スウェーデン特有の本来は他言語に翻訳できない言葉。 あえて日本語に訳すなら、その意…
  3. Bran’μ Song 邦楽 【チクタク / edda】

    「物語を語り継ぐ」という意味を持つ言葉「edda(エッダ)」をアーティスト名に2017年より活動を開…
ページ上部へ戻る