HYPER Bran’μ Song 【 言葉がなかったら / MONO NO AWARE 】

  • 2019/10/1
  • HYPER Bran’μ Song 【 言葉がなかったら / MONO NO AWARE 】 はコメントを受け付けていません。

東京都八丈島出身の玉置周啓と加藤成順、そして大学で知り合った竹田綾子と柳澤豊によるバンド「MONO NO AWARE」

ポップの土俵にいながら、多彩なバックグラウンド匂わすサウンド、心にギュッとくる歌詞、MONO NO AWAREを聴くと新世代の邦楽ROCKの可能性にワクワクしてしまう。

10月16日に発売となる、ニューアルバム「かけがえのないもの」からのリード曲「言葉がなかったら」は、そんな彼らの、結局どこまでも「言葉」で勝負しようという力強いメッセージが込められた決意の現れのように聴こえる。

今夏に東名阪で行った自主企画ツアーはソールドアウト、様々なフェスへ出演する中、10月16日発売のNEW ALBUM「かけがえいのないもの」の全国ワンマンツアーが11月から開催される。

SPACE SHOWER MUSIC  10/16

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 瞳のイルミネーション / MABU 】

    LDHの新進R&Bシンガー “MABU”が、実体験に基づいた“ひとめぼれ”から始まる冬の恋愛…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Stay With Me / Seven Billion Dots 】

    2018年2月結成。 帰国子女のボーカルMasafumiと、実の双子のギタリストKenとドラマーL…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 About Work the Dancefloor / Georgia 】

    新世代エレクトロ/シンセポップシーン注目のニュースター、ジョージア。 80年代のシンセポップサ…
FINEVISUAL&DEAREST
鹿児島deきばっど
防災ハンドブック 2019PDFダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る