【志布志市】

  • 2020/6/5
  • 【志布志市】 はコメントを受け付けていません

■3周目■
2020年6月1日(月)~6月5日(金)

6/1(月)【ふいやしき公園の大賀ハス】
志布志市有明町蓬原にある「ふいやしき公園」では、大賀ハスを見ることができます。開花時期は6月~7月の初旬頃。早朝に鮮やかなピンク色をした大輪の花を咲かせます。地域活性化のため、地元の団体により、使われていない田んぼを利用して整備を行っています。梅雨の時期のお出かけ先として、ぜひ一面ハスの世界を見に来てください。

6/2(火)観光スポット【ダグリ岬遊園地】&【岳野山】
【ダグリ岬遊園地】鹿児島県と宮崎県の県境に近いダグリ岬にある日本最南端の遊園地。園内には、小さなこどもから大人までみんなで楽しめるアトラクションがたくさんあります。ダグリ生まれダグリ育ちのかわいいキャラクター、ダグリンちゃんも皆さんの来園をお待ちしています。
【岳野山】志布志市有明町野井倉の志布志市役所北側に位置する標高約274メートルの山。山頂付近にある笠祇神社には、12体の干支の石像がぐるっと円状に設置されています。展望台からは、周囲に広がる田園風景を360度の大パノラマで堪能することができます。気象条件によっては、霧島連山や桜島を望むことも🎵ぜひ岳野山でパワーをチャージしませんか?

6/3(水)特産品【志布志の夏そば】&【志布志の岩がき】
【志布志の夏そば】通常、原料となるそばの実の収穫時期は11月ですが、志布志市では温暖な気象条件を活用し、初夏に収穫された新そばを「志布志の夏そば」と呼んでいます。今年も、6月30日から志布志の夏そばの販売がスタート。
【志布志の岩がき】
手作業で、丹精込めて養殖をしています。身の詰まりがよく、牡蠣の旨味が濃厚な「志布志の岩がき」。紫外線殺菌水で24時間飼育するため安心安全な一品です。志布志の岩がきは漁師飯 勝吉丸で食べることができます。志布志湾を臨むカキ小屋で、海を眺めながら地獲れの水産物を炭火で焼いて頂く。丼ぶりやその他海鮮も充実。

6/4(木)【志布志市内のテイクアウト・デリバリー情報まとめサイト、Cocoro the sea(ココロザシー)】
志布志市内の飲食店のテイクアウト・デリバリー情報が紹介されているまとめサイト。この新たなポータルサイトを立ち上げた高橋さんに電話インタビュー!!新型コロナウイルス感染症により影響を受けている飲食店を救いたいとの想いで立ち上げたサイトは、市内の40を超える飲食店の情報を掲載。新たな企画として、飲食店応援企画「弁当はつづくよどこまでも」を開催中。この企画により、日替わりでいろいろな店舗のお弁当が脚光を浴びているそうです。

6/5(金)【志布志市観光特産品協会ECサイト「港湾通り」オープン予定】&【蓬の郷親水公園の紫陽花】
【志布志市観光特産品協会ECサイト「港湾通り」オープン予定】一般社団法人志布志市観光特産品協会のECサイト「港湾通り」が6/15オープン予定。志布志市が誇る特産品をぜひご堪能ください。
【蓬の郷親水公園の紫陽花】志布志市有明町蓬原にある入浴施設「蓬の郷」に隣接している親水公園には、約2,000本の紫陽花が植えられています。例年は5月下旬から6月中旬にかけて咲いており、現在、見頃を迎えています。

■2周目■
2019年1月21日(月)~1月25日(金)

1/21(月)【第6回全国城サミットinかごしま志布志】
中世山城と麓にスポットを当てたチャレンジングな大会。これは、数百年にもわたって「強い鹿児島」と言われ続けてきた礎が、まさに山城と麓にあるのが理由。県内に841以上も確認されている山城の中でも、その規模、歴史的背景、残された遺構を総合的に考慮して、2019/2/23は志布志城、24日は鹿児島城をメイン城とした。

1/22(火)【ぽっぽマルシェ】
『志』発駅(しはつえき)から楽しいものをおとどけ!志布志市内外のカフェ・雑貨・その他多くのお店が並ぶ。イベント広場では季節に合わせたワークショップなども開催。

1/23(水)【田之浦山宮神社ダゴ祭り】
紅白のダゴ(団子)を刺し、花に飾って奉納する祭り。ダゴを食べると1年を無病息災で過ごせるといわれている。

1/24(木)【平成30年度志布志市青少年音楽祭+特産品】
”平成30年度志布志市青少年音楽祭”では、志布志市内の中学・高校生の音楽関係団体が日ごろの練習の成果を披露。ゲストとしてErica Erikaも出演。
志布志の特産品”うなぎ”は、鹿児島県が生産量日本一!!鰻のかば焼きが気軽に食べられるところとして一昨年、志布志市に鰻の駅がオープン。また、”いちご”は現在、収穫の真っただ中。赤い色がとってもきれいなさがほのかや、10年前、志布志市で誕生した白いいちご「淡雪」。さがほのかの突然変異から生まれた品種でほんのりピンクがかった見た目と香りが良く優しい甘味が特徴。

1/25(金)【志武士ししまる】
「ししまる」の名前は、志布志市のしし(獅子)から♪勇ましいライオンの姿で、強くて頼れる男になりたい!という熱い志(こころざし)を持った武士、「志武士(しぶし)」。いたずらっ子で子供が大好き!でもちょっかいを出されると、手にしたハモ剣ですぐに反撃しちゃう。助ダチ(助太刀)のトン助くんを引き連れて、志布志市の観光特産品のPRに全国を駆け巡る!

■1周目■
2019年4月23日(月)~4月27日(金)

4/23(月)【ご当地どんぶり選手権】
全国ご当地どんぶり選手権とは、全国から集結したどんぶりが「No.1ご当地どんぶり」の座をかけて競い合う「ふるさと祭り東京」のメインイベント。今回で第9回目!(志布志市は第3回から参戦)「“志布志発”かごしま黒豚三昧」で悲願の『グランプリ』受賞!!

4/24(火)【お釈迦祭り】
2018/4/28(土・前夜祭)、29(昭和の日・本祭)
お釈迦まつりは、江戸時代から行われている釈迦降誕を祝うお祭り。旧暦の4月8日に行われていたことから「しがつようか」がなまり、「しがっじょか」とも言われる。花嫁を乗せたシャンシャン馬や踊り連パレードなど多くの市民や観光客で賑わう県内屈指のお祭り。

4/25(水)【さんふらわぁ】
大阪~志布志(鹿児島)航路!3フロア吹き抜けの開放感あふれるエントランス。窓を通して広がるオーシャンビューでクルーズ気分に。星空教室をはじめ様々なイベントを開催。

4/26(木)【大慈寺】
大慈寺は興国元年(1340年)の創建で、志布志城の城主であった楡井頼仲が開基し、玉山玄提和尚が開山(初代住職)となる。創建後、光明天皇から「広慧」の宸筆を下賜されて勅願所となり、「大慈広慧禅寺(だいじこうけいぜんじ)」と呼ばれるようになった。

4/27(金)【特産品】
志布志市、実は天然はもの漁場は全国でもトップクラス!さっぱりとした上品な味わいが特徴。志布志で誕生した白いいちご「淡雪」さがほのかの突然変異からうまれた生まれた品種でほんのりピンクがかった見た目と香りが良く優しい甘みが特徴のいちご。

【鹿児島県内のイルミネーションスポット情報】
11/22(木)【志布志イルミネーション2018】

2018/12/1~2019/1/6(予定)午後5時~午後11時
※クリスマスおよび年末年始は翌2:00まで
場所は日南線「志布志駅」からすぐ・志布志市 鉄道記念公園
鉄道記念公園にイルミネーションが施され、志布志の街を彩る。

【志布志市】 http://www.city.shibushi.lg.jp/

コメントは利用できません。

Bran’μ Song

  1. HYPER Bran’μ Song 【 rendez‐vous(ランデブー) / yonawo 】

    福岡発新世代ネオソウルバンド、yonawo。 ネクストブレイク最有力アーティストの一組として2…
  2. Bran’μ Song 邦楽 【 Good Luck / Kan Sano 】

    グローバルヒットしたインスト曲「On My Way Home」「DT pt.3」といった話題の先行シ…
  3. Bran’μ Song 洋楽 【 ストレンジ・デイズ with ロビー・ウィリアムス / ザ・ストラッツ 】

    英国出身のグラマラスなロック・バンド、ザ・ストラッツ。 ニュー・アルバム『ストレンジ・デイズ』…
FINEVISUAL&DEAREST
防災ドリル 2020ダウンロード
banner
banner
banner
banner
banner
banner
西建設
banner
篠原利浩税理士事務所
FM Q LEAGUE AWARD
banner
ページ上部へ戻る